ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

終わらない片付けの理由は?こんまり流に挫折した話

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20190629222722j:plain

片付けても片付けても、部屋がスッキリしない。一体いつになれぼ終わるの?

と悩んでいませんか?

 

私も服以外はこの状態が続いています。

なぜ片付けをしてモノを減らしているのに、スッキリ清々しい気持ちにならないのでしょうか?

 

この記事では、

  • なぜあなたの片付けが終わらないのか?
  • どうすれば部屋をスッキリと片付いた状態にできるのか

について書きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.片付けが終わらない!

1-1.スッキリしない理由はモノが多いから

まずは部屋がスッキリしない理由は、
まだまだモノを多いからです。

 

(え?大量にモノを手放したのに…まだ足りないのかな。)

私も、現在は20着ほどで生活していますが、

ここに至るまでは、服を何度も見返して、自分が本当にお気に入りの服はどれか、何度も繰り返して厳選していきました。

今は、クローゼットに余裕をもって収まっています。

 

収納からモノが溢れていませんか?

まだモノを大量に持っているのかもしれません。

 

オープン収納だと、収まっていても乱雑に見えることがあります。
扉付きのものに替えれば解決します。

 

扉をつけられないなら、突っ張り棒でカーテンをするのもいいですね。

カーテンの布は統一しましょう。すっきり見えますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

1-2.モノの量は備え付けの収納に収まるだけ

私は、自分の総持ち物量は、備え付けの収納に収まるだけを目標としています。

全てのものが収納に収まって、何も外にでていない状態を目指しています。

 

備え付けの収納に全て収められると、かなりスッキリした印象になります。

床にもテーブルにも何もない状態なので、掃除のストレスもありません。

 

そこまで減らせない場合は、手持ちの家具もプラスしてOKです。

備え付けの収納+手持ちの家具にすべての持ち物が収まっている状態です。

 

全てが収納に収まる状態を味わうと、それを維持しようという気持ちがでてきます。

例えば、私は、クローゼットに関してはスッキリを維持しています。

使いやすいクローゼットになり、常に余裕のある状態なので、使いやすく、また維持しやすいです。

クローゼットではハンガーの数を減らすことで、服が増えすぎるのを防止できます。

 

整った場所があると気分がいいし、そういった箇所を他にも広げていくように、モノの処分をがんばる気にもなります。

 

スポンサーリンク

 


1-3.片付けは1度では終わらない

備え付けの収納に全て収めるなんて無理だ。と思ってませんか?

我が家でもまだ収まってません(^^;;

 

モノを減らすには、1度の仕分けではなかなか難しいと思います。

こんまり方式では、片付けは一度に完璧におわらせる、とのことでしたが、

私はできませんでした…。

 

時間をかけてモノと向き合う方法が、私にはあっているので、

時間はかかりますが、仕分け作業を繰り返し繰り返しやっています。

 

それぞれの人によって、合う片付け方は違いますので、
自分のやりやすい、モノを手放しやすい方法で減らしていけたらと思っています。

 

こちらの記事もどうぞ

namaco-mendow.hatenablog.com

 

この記事がお役に立てると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク