ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

捨てる生活~服を手放す5つの考え

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20190724010738j:plain

「服を捨ててスッキリしたいが、なかなか捨てられない。」
「おしゃれが好きなので、服を捨てづらい。」
「どういう考えで服を選べばいいのかわからない。」

と思っている方へ。

 

私はかつて大量の服を持っていました

片付けたのは約5年前。
150着程あった服は、現在は20着程度になり、当時のクローゼットの半分に収まっています。

 

服を手放してみてわかったことは、持っている服が少なくてもおしゃれはできるし、毎日楽しいということです。

この記事では、処分しづらい服を捨てるコツや、手放す考え方について書きます。

 


1.服を捨てる5つの考え

1-1.一生モノの服は持たない

 

一生モノ」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

私は、めったに買えない高価なモノ、上質なモノを思い浮かべます。

 

一生モノのバッグ、一生モノのコートなどは、私は持っていません。
なぜ持たないのかというと、私は、一生持つモノなどないと思っているからです。


その昔、私は一生モノに憧れて、少し高めのコートを購入したことがあります。
それは黒のコートで、細身のデザインで、その時の私が着るととてもスタイル良く見えました。

 

(冠婚葬祭にも使えるし、質も良いので、これは一生モノにする!
だから多少高価でも大丈夫。一生持つから!)

 

そう思って購入したのですが…
結果は、10回ほどしか着ずに手放すことになりました。

 

手放すことになった理由は下記です。

  • 最初は、高価でもったいないと思い、あまり着なかった。
  • 着ようと思った頃には、妊娠と重なり、細身のデザインなので入らなくなった…。
  • 産後も、体形が変わり、入らなくなった( ;∀;)

 

一生着ようと買った服なのに、もったいないですよね…。
着れるうちに、似合ううちにもっと着ればよかった…という後悔しかありません。

こういう経験から、私は「一生モノ」を探さなくなりました。

デザインや体形、似合う服、着たい服も変わるかもしれません。

 

これを読んでおられる方も、一生モノと思って、結局着ていない服がありませんか?
大事にとっておかず、気に入っているならたくさん着ましょう。

着ないまま手放すのはもったいないですよ。

着ないなら、早めに(デザインが変わってしまう前に)手放すと、売れる率もあがりますよ。

 

一生モノと思って買ったけど、結局着ていない服は手放す。


1-2.古着はあくまでも古着

私は、たくさん服を買ってきました。

10代の頃は、お金もなく、当時はユニクロもなかったので、よく古着屋で服を買っていました。

 

若いうちは古着を着ても、着こなせるスタイルと若さがあります。
古い服でも、若さと工夫でおしゃれにみせることができてたと思います。

 

今も、古着は好きですが、歳を重ね、似合わなくなってきました

 

色がくすんでいるとお顔もくすんでみえるような…
顔もレトロになってきたせいかしら(;^ω^)

 

また、古着のレトロ柄や、カラフルな色が好きだったのですが、
段々、おちついたモノを好むようになったこともあります。

 

古着、かわいいからととってありませんか?

古着は顔うつりがいいものだけを残しましょう。


1-3.年齢と服の質は比例する


10代や20代の若い人達向けの安いお店で買った服、ありますか?
デザインが今どきでかわいいものがたくさんありますよね。

 

若い人向けのショップは、トレンドを知るのにはいいと思います。
が、大人がそのお店の服を着るにはちょっと厳しい場合があります。

 

安いだけあって、生地の質が悪く、安っぽくみえたり、着心地が悪かったりします。

着心地の悪い服って、若い時は無理してでも着てましたが、大人になるとしんどいと思います。


生地が安っぽい服、ペラペラな服は手放しましょう。


1-4.コーディネートに凝りすぎない

着なくなった服を、コーディネートでよみがえらせる!

という企画をみかけます。

 

私も過去には、着づらい古着をコーディネートで着こなしたりしていました。
おしゃれが好きだったので全然苦ではなかったのですが…。


今となっては、なぜわざわざ着づらい服を、コーディネートしてまで着る必要があるのか?と思います。

 

コーディネートするには、他の服が必要になり、
その合わせづらい服のせいで、余計な服が増えてしまいます。

 

服を減らしたいなら、着こなしを考えなくても良いアイテムを持つべきです。

 

コーディネートが限定されるアイテムは手放しましょう。

 

1-5.時間を大切にする

あなたにとって大切なものは何ですか?
一度、立ち止まって考えてみましょう。

 

まず大事なのは、あなたの命、ですよね。

命は有限です。

 

時間がたてば、人間はいつか死にます。
つまり、時間は命です。

 

命を削ってでもしたいことを大切にしましょう。

 

「服を捨てるのがもったいない。」
「あまり着ていない服を捨てるなんてできない。」

とてもよくわかります。

 

でも、時間は有限です。

 

片付けをし続けて、片付けが終わらないまま、服に埋もれて死んでいきたいですか?

 

したいことをするために、片付けをしているのではありませんか?


私も昔、服を捨てるのがもったいないので、活用できる服の生地を手持ちバッグにしたり、巾着を作ったりしました。

 

使えそうな生地やボタンなどは何であれとっておいて、使うかもしれない「いつか」のために、とってました。

 

しかし、作れる量にも限りがあります。

 

また作ったものに満足して使えば、作った甲斐もあるのですが、
特に使い道もなく、もったいないから作っているだけだと、
一体何のために作っているのかわからなくなります。


使うものを作っている、また、作る工程が楽しいなら、それでいいと思いますが、
捨てるのがもったいないから作る、というのでは本末転倒ですよね

「本当にやりたいことに時間を使いましょう。」


2.まとめ

現在の私の服選びは、本当にあっという間です。

気に入った服しかないし、どれを合わせても合うようにしているので快適です。

 

大量の服を持っているのに、「着ていく服がない!」と、
次々新しい服を買っていた頃の自分に、
もっと服を減らして大丈夫。時間が有効に使えるよ。」と助言したいです。

 

服を捨てるのはもったいないですよね。

↓こちらの記事もどうぞ。

namaco-mendow.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てると嬉しいです。

スポンサーリンク