ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

すぐ終わる片付け~短時間でやっつける方法

ブログランキング・にほんブログ村へ

時間がない

「部屋を片付けたいけど時間がない…。」

「片付けが苦手でものすごく時間がかかる。」

「すぐに終わる片付け方法があれば知りたい。」
などと思っている方へ。


この記事を書いている私は、片付けが苦手の、元・片付けられない女でした。

が、約5年前、150着ほどあった服を20着に減らすのに成功しました。
その後はリバウンドもせずに、一定量をキープしています。

 

部屋の片付け方法は、

  1. 使っているものを選ぶ
  2. それ以外のものを手放す

これだけです。(;^ω^)簡単ですね。

 

すぐに片付けを終わらせるには、1、2の作業に時間をかけず、機械的に仕分けをすることです。

以下で詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

 

 


1.片付けをすぐに終わらせる方法

1-1.使っているものを選ぶ

部屋を片付けるには、モノを減らすのが一番効率的です。
なぜなら、物が少ないと、部屋が散らかりにくくなるからです。

 

例えば、部屋にモノがひとつしかない場合と、モノが大量にある場合。
前者だと部屋が散らかることはほぼないですね。
だって、散らかる物がひとつしかないから。

 

⇒つまり、部屋を片付けるには、物を減らせばOK!

 

次に、物の減らし方です。
これは、減らす物を選ぶのでなくて、使っているものを選びます

 

減らす物を選ぶのは難しいですよね。
つい、もったいないという気持ちがでてきてしまいます。

 

なので、ここでは使っている物を選びます。
注意事項ですが、これから使おうと思っているけど「今」使っていない物は使っていない物です。

 

例外は、使っている物のストック品1点くらいでしょうか。


使っているの基準が人によって違うかもしれないので、一応基準をつくると、
「1年以内に使ったもの」を選びます。

 

置物やポスターなど、それ自体見て楽しむものは、見ていて癒されるか、楽しい気持ちになるなら、残してください。

それをみて嬉しくないならお別れして大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

 

1-2.「使っているもの」以外のものを手放す


使っている物の選定は終わりましたか?
つぎは、選ばれなかった物を手放していきます。

 

最初は捨てやすいものから、捨てましょう。

春夏秋冬と1年を通して使わなかったものは、この先使うことも少ないです。

 

手放し方としては、処分することをおすすめします。

短時間で片付けるなら、フリマアプリで売ったり、寄付したりする時間が勿体ないですよね。
売れるまでは、家に置いておくことになるので、部屋も片付きません。

 

といってもまた使うかもしれないし…と思うものは、
段ボールなどの保留箱を用意して入れておくといいでしょう。

 

もし必要になればそこから取り出してOKです。

半年後にでも見直すといいでしょう。

  

私も物を手放すのに慣れてきたとはいえ、もともと苦手なので、保留箱を活用しています!


短時間で片付ける場合は、迷う時間が勿体ないので、使っていないものは保留にして。
仕分けを機械的にしましょう。

悩めばすぐ「保留箱」行きです。

 

スポンサーリンク

 

 

1-3.すぐに始めよう!

この記事を読んで、よしやろう!と思えば
今からでいいのですぐ始めてください。

 

当たり前ですが、知識を得るだけでは部屋は片付きません(;^ω^)
かつての私は本ばかり読んでいて、実践するのに時間がかかっていました。

 

手を動かして前に進みましょう。
とにかく実行しましょう。


2.まとめ

短時間で部屋を片付ける方法について書きました。

 

時間がかかるのは、手放す物を選ぶことです。
人間は、どうしても手放す事に抵抗があります。

 

なので、逆に、使っているものを選ぶことで考える時間を短縮できます。
物を選ぶ作業を機械的にこなせると、どんどん仕分けがはかどります。

 

保留箱にモノがたくさんあったとしても、
使っている物だけを身の回りに置くことで快適になり、
だんだん保留箱が邪魔に思えてくれば、中身も処分できます。

 

部屋を片付けてスッキリした思考で毎日を過ごせますように。
この記事がお役に立てると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ。

 

namaco-mendow.hatenablog.com

 

スポンサーリンク