ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

趣味のものが捨てられないなら、悩まず使ってみよう

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20190911231757j:plain

「趣味のものが捨てられない。」
「趣味は好きなことだから捨てなくていいと思うけど、それにしても趣味のモノの量が多すぎる。捨てるべき?」
と思っている方へ。

 

趣味の物って、とても手放しにくいですよね。

 

私はミニマリストを目指すズボラ主婦です。

これまで、150着以上あった服を20着にしました。

 

片付けはからはじまり、本や雑誌、書類、思い出のものなど、
たくさんの物を手放してきましたが、趣味のものはほぼ後回しになっていました。

 

「そろそろ生前整理も考えて、趣味のものも減らしていきたいな」と思い、
趣味のものを片付けることにしました。

 

この記事では、趣味のものを減らすために私が考えたこと、したことを書きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.減らしたいと思っている時点で、それは不要なもの。

趣味のものに対して、「減らしたい」「手放したい」と思うなら、それはもう捨てても大丈夫なことが多いです。

 

過去には大切で好きだったものですが、おそらく今はそこまで好きではないのだと思います。

今大好きで使っている物なら、「捨てようかどうしようか」と迷うことなどありません。
迷っている時点で、答えはでています。

 

スポンサーリンク

 


2.とはいえ、またその趣味に熱中するかもしれないからとっておいた方がいいと思う人へ

ここですよね。私もそうでした。

 

今は昔ほど好きではないけれど、嫌いになったわけでもない。
少し冷却期間があるだけ。

 

これからも、その趣味に熱中する時がくるかもしれない。
だってあんなに好きだったし、今ももちろん好きな事なんだから。

 

気持ちはわかります。
でも気づいたんです。
私が今までモノを手放すときに考えた理由を。

 

例えば服を捨てる時、私は、
「前は大好きな服だったけど、今はそこまで好きじゃない。だからもう着ません。ありがとう。」
ということで服を手放せました。

 

趣味の物については、「いつかまた好きになるかもしれないから、とっておこう。」
となるのはなぜでしょうね?

 

道具が多いからなのでしょうか?うーん。

 

スポンサーリンク

 


3.ひとり妄想インタビューから出た答え~趣味のものは悩まずに使ってみる!

ヘンな見出しになりました(;'∀')
ひとりでインタビュー風に答えていきます。

 


-----今回、お別れしようと思っているのは?

「ハンドメイドの材料と道具で、粘土や型などです。」


-----なぜここにあるの?

「ブローチやタグを作ろうと購入しました。
作るのが好きで、いろんなサイトを参考に何でも作りたくなるんですよね。

 

でも、初めて作った時はあまり上手にできず、使ったのはその1度だけ。
そのまま約1年間、材料と道具を置きっぱなしにしていました(-。-;」

 

-----なぜ捨てられない?
「いつかまた作るから…作りたいものは決まってるので…」

 

-----何を作りたいの?
「丸い形のピアスを作りたい。」

 

-----では、すぐに作りましょう。
「ん。…そうですね…。」


そうです。作るものが決まっているのに、ほったらかしにしていたことを思い出しました。

 

すぐに作ればいいんじゃない。
さっそく作りました。

 

丸なので形を作るのは割と簡単ですが、粘土は乾燥が進んでおり、まとまりが悪い状態になっていました(;^ω^)
水を足してこねてを繰り返し、乾燥によるヒビを修正してとりあえずの形はできました。

 

今日はここまで。
一日乾燥させて、明日固まれば、色つけをします(^ ^)
やっぱり何か作るのは楽しいですね。

 

そして、使ってみたら、満足したというか…何か「もう大丈夫かも。」という気持ちになりました。

 

もし今日作ったものが失敗したら、また作るかもしれないので、明日まで粘土関連の用具はとっておきます。
作るつもりがなければ、もう処分しようと思います。

 

なんだか気持ちがスッキリしました。

悩まずに早く使ってみれば良かったです。


4.まとめ

・「これ、捨てようかな…」と思っている時点で、それは不要なもの。

今大好きで使っている物なら、「捨てようかどうしようか」と迷うことなどありません。


・また好きになるかもしれないからとっておいた方がいい?

そろえた趣味の道具が特殊だったり、大量な場合、悩むのかもしれません。
ですが、どうなるかわからない未来のことを考えてモノをとっておくと、前に進めませんよね。

モノを減らして何を成したいのかを考えましょう。そして、「今」大好きな趣味のものだけ残しましょう。

 

・悩みすぎずとにかく使ってみる!

作るものが決まっているならさっさと作りましょう。
決まっていなくても、捨てるふんぎりがつかない場合は、一度使ってみることをおすすめします。

 


私の場合、悩んでいたモノを使ってみて、スッキリとした気分になりました。

ずっと使わず置いてあったものを、最後に使ってお別れする。

そうしたら、「もうそれがなくても大丈夫」という気持ちになりました。

 

何か少しでも参考になることがあれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ。

 

namaco-mendow.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク