ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

片付けができない理由は何?【心理的要因】

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20191218222429j:plain

部屋をきれいにしたいと思っているのに、片付けができなくて困っていませんか?

 

私はかつて、部屋を片付けるのが大の苦手でした。

きれいな部屋に憧れて、収納や片付けの本を読み漁っていましたが、一向に部屋はきれいになりませんでした。

 

なぜでしょう?
今となっては、その理由がわかります。

 

もちろん捨てるのが苦手だったこともありますが、それ以外にも、心理的な要因が大きかったと思います。

 

この記事では、当時片付けられなかった私が、徐々に片付けられるようになった心の持ち方について書きます。


ぜひご覧ください。

 
1.私が片付けられなかった理由

私が片付けをできなかったのは、自分に自信がなかったからです。

少しわかりにくいと思うので、具体的にお話ししますね。

 

例えば、雑誌などで素敵な部屋を見たとします。

「いいな。こんな部屋で暮らしたい。」と思っても、当時、自分に自信がなかった私は…

 

(私なんかが、こんな部屋に暮らせるわけがない。
私には散らかった部屋が似合っているんだ。)と

 

自分に素敵な部屋で暮らす許可を与えていませんでした。

 

そういった考えが根底にあると、片付けをする気力が続かないんです。

目指すゴールの状態を、あきらめてしまっているんですから…。

 

少しがんばって片付けをしてみても、またすぐ元の散らかった状態に戻っていました。

そういったことを繰り返していると、ますます「自分は片付けができない人間なんだ」と思い込んでしまいます。

 

片付けをがんばってする。

元の散らかった状態に戻る。

自分は片付けができない人間だと思い込む。

片付けが続けられない、片付けへの努力ができなくなる。

ますます部屋が散らかる。

 

こういった悪循環におちいります。

 

スポンサーリンク

 


2.いつまでも片付けができない考え方

その後、物を減らしていくことで、片付けへの自信が少しずつついてきました。
ですが、まだまだ片付けができているとは言えない状態でした。

 

なぜかというと、やれない理由や言い訳を考えてしまうからでした。


例えば、

一人暮らしで、物が少なくシンプルな部屋をみて

うちには家族がいるからこんなに物を減らせられないよ。だから無理。」とか

 

子供がいても整頓されている部屋をみて

「このお家は広いから、こんなにきれいに片付いているんだ。私の家は狭いから無理。」だとか、

 

何かしら自分への言い訳を考えてしまってました。(^_^;)

 

ですが、片付けをすすめていくうちに、

試しもせずに「無理」とあきらめてしまうのでなく、できるところを参考にしたり、まずは試してから、あきらめる部分はあきらめればいいのかな、と思えるようになりました。

 

「試しもせずにあきらめるのではなく、試してからあきらめよう。」

という考えになりました。


まだ部屋の片付けは継続中ですが、
続けることで、確実に自分の理想の部屋に近づいています。

 

 

スポンサーリンク

 


3.まとめ

●私が片付けられなかった理由

・自分に美しい部屋はふさわしくないと、自分で自分を制限していたから。


●こういう考え方だといつまでも片付けができない

・やれない理由や言い訳を考えない。
・あきらめるのは、努力をしてから。


以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

 

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続けるズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2019年12月20日

スポンサーリンク