ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

【片付け】リバウンドしない!汚部屋に戻らないための3つのコツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20200121231611j:plain

散らかっていた汚部屋を片付けたのに、またリバウンドしてしまった…という人へ。

 

がんばって片付けたのに、数日たつとすぐに元通り…私も同じ経験をしてきました。

ですが本を読んだり、いろんな方法を試した結果、今はミニマリストを目指すまでに物を減らせています。

 

この記事では、せっかく断捨離したのに、またモノが増えて汚部屋に戻ってしまったという人へ、リバウンドしない3つのコツをお話しします。

 


1.もうリバウンドしない!部屋をきれいに保つ3つのコツ

f:id:namaco_mendow:20191119122654j:plain



汚部屋になる理由は簡単です。

  • 部屋の広さに対してモノが多すぎる。
  • 物の置き場所が決まっていない


私が昔住んでいた部屋も、物があちこちに溢れていました。
でも「全部いるものだし…」と捨てることは全くしませんでした。

 

そもそも、部屋がそこまで散らかったいるという意識も薄かったように思います(;^ω^)
今思えば…床は見えてはいるのですが、廊下にまで物が置いてあって、狭かったですね…。

 

部屋をきれいに保つ3つのコツ

  • 物を減らす
  • 定位置を決める。
  • 使ったら元の場所に戻す

 

「物を減らす。」

新しい物を手に入れたら、それと同じ数だけモノを減らすようにしましょう。
物の量を増やさないように気を付けるのが大切です。

 

1つ新しい物を買ったら、1つ減らす。
減らす物を2つにしたら、物をさらに減らせますね。

 

「定位置を決める。」

これは、持ち物全ての定位置を決めるということです。
一部の物だけではありません。

 

簡単に家の中に入ってくるチラシやダイレクトメールなども、そこら辺に置きっぱなしにせず、場所を作る。
そして、一定期間たてば見直して、使わなければすぐ処分する。

 

お店の割引券などは取っておきがちですが、よく行くお店以外はできればすぐ処分しましょう。
行きたいなら日を決めていつ行くかをはっきりさせておくのが大事です。


「使ったら元の場所に戻す。」

使ったら元の場所に戻します。
そうすれば、物が散らかることはありません。

 

そこら辺に置くクセがついていると思うので、注意してすぐに戻すようにしてください。
後でやろうと置いておくと、どんどん片付けるのが大変になります。

 

私も、最初は元の場所に戻すことに慣れなくて、置きっぱなしなのに後で気づくということが多かったです。
が、何度も繰り返していると、使ったら元に戻さないと気持ち悪くなってきます。

 

決まった場所にあるということは、探し物をすることがなくなるので平穏に過ごせます。

私は毎朝、出かける前に鍵を探し回っていました。

時間がもったいなかったです…(-_-;)

 

 

スポンサーリンク

 

2.まとめ

f:id:namaco_mendow:20190804005606j:plain

汚部屋になる理由は簡単

  • 部屋の広さに対してモノが多すぎる。
  • 物の置き場所が決まっていない。


部屋をきれいに保つ3つのコツ

  • 物を減らす。
  • 定位置を決める。
  • 使ったら元の場所に戻す。


「物を減らす。」

まずは、物の量を部屋の広さに見合う程度に減らす。
収納家具からあふれているなら、明らかに持ちすぎです。

 

1つ新しい物を買ったら、1つ減らす。
減らす物を2つにするのもよいです。


「定位置を決める。」

全ての持ち物の定位置を決める。
これが結構大変でした。

 

自分でどこにいれたか忘れてしまうので、箱に入れる場合はラベルをつけるのをおすすめします。


「使ったら元の場所に戻す。」

すぐに戻すこと。まとめてやろうと思うと面倒になります。
物が決まった場所にあると探し物をすることがなくなるので、時間を有効に使えるようになりますよ。

 

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続けるズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

 

[関連記事] 

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2020年1月22日

スポンサーリンク