ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

【断捨離】服を使い切るアイデアと注意点。捨てるのがもったいない人へ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

着ない服がたくさんあるけど、もったいなくて捨てられない…
服を使い切って利用するアイデアが知りたい
などと思っている人へ。

 

私はミニマリスト目指す子持ちズボラ主婦です。

150着以上あった服を手放し、今は約20着で暮らしています。

 

服を減らすにあたって、いろんな事を試してきました。
今でも捨てるのは苦手なので、なるべく使い切ってから捨てるようにしています。

 

この記事では、私の経験を元に、服を使い切って捨てるアイデアについてお伝えします。

 


1.服を使い切るアイデア

服を使い切るには、「服をそのまま使う方法」と「作り変えて使う方法」があります。


●服をそのまま使う方法

違う用途で使う

  • 部屋着
  • パジャマ
  • 作業着

「着ない服を部屋着やパジャマにするのはダメ」と良く言われますが、私はしていました。
今でもしています。
私は、着心地が悪くなければ良いという考えです。

また作業着も人によっては必要だと思うので、枚数を決めて使うなら問題ないと思います。

 

f:id:namaco_mendow:20210627085633j:plain

譲る

  • メルカリやラクマなどのフリマアプリで売る
  • リサイクルショップで売る
  • バザーへ出品
  • 寄付をする
  • 古布回収へ出す

こちらは使い切る、というより、使ってもらえる人に譲るということですね。

使ってもらえる人に譲るにもいろんな方法がありますね。

 

私が経験したところ、メルカリなどで売るのは手間も時間もかかりますが、

モノを再利用でき、いくらかのお金を取り戻せるといったメリットがあります。

 

特に服を捨て慣れてない人や、服を手放しにくい人は、メルカリやラクマのフリマアプリをおすすめします。

namaco-mendow.hatenablog.com

 

リサイクルショップで売る方法もありますが、衣類はほとんど値段がつかない事が多いです。
数が多すぎると売るのも大変なので、その場合は自治体の古布回収などに出すのが良いと思います。


●作り変えて使う方法

  • 色が気に入らないなら染める
  • 子供の服、エプロン、マット、巾着袋、バッグなど

作り変えるとなると、布として使えるので用途は無限に広がります。
私も売れそうにない服などは、布として利用することで処分していました。

裁縫の練習にもなります。


いろんなアイデアが載ってる本を参考にして作っていました。

【中古】 ガーリー・リメイク・ブック いつものお洋服が宝物になる小さなアイデア集 /田中ハンナ【著】 【中古】afb

価格:500円
(2021/6/27 09:07時点)

送料無料【中古】かわいいクチュールリメーク

価格:1,070円
(2021/6/27 09:10時点)

かわいい物を見てるとまた作りたくなってしまいます…。

子供が小さい頃は、大人用のTシャツで子供のパジャマを作ったりしましたよ。
パジャマなら人前にでることもありませんしね。

型紙いらずのまっすぐ縫い 着物リメイクで大人服、子ども服 [ 松下純子 ]

価格:1,430円
(2021/6/27 09:14時点)

着物があるならこんなリメイクもできるそうです。


ただ、作る時間がもったいないかもしれません。
また作ったとしても、使えるようなクオリティの物ができるかは作り手次第です。

私は不器用なので、人前で使うような物はなかなか作れませんでした( ̄▽ ̄;)


●【最終手段】切って使う

・使い捨ての雑巾として使い切って捨てる

そのまま使うのもいまいちだし、作り変えるのもできない…。
古布として出すのももったいない気がする…。

 

そういった場合は最終手段。
服を切って掃除の使い捨て雑巾として使います。

 

面倒なら切らずにそのまま使っても(;^ω^)

 

柔らかい布は雑巾として使いやすいので、

フライパンの油汚れを拭いたり、使玄関のたたきの掃除やトイレ掃除に
あちこちで活躍できた上、未練なく捨てられますよ。

 

 

スポンサーリンク

 


2.使い切る方法の注意点

注意すべきは、使い切るといった事に囚われすぎてないか?ということ。

 

作ることが楽しくてやりたい事なら問題ありませんが、時間は有限

あなたの大切な時間は、本当にしたい事に使いましょう。

f:id:namaco_mendow:20210627085623j:plain

私も最初は、違う物に作り替えるのが楽しくてやっていました。
ですが、作っても作っても使い切れない量だとわかると、徐々に負担になってきたんです。

 

そして結局は、使い捨てウエスにしたり、古紙回収に出すようになりました。

 

もちろんまだ着られる服を捨てるなんて「もったいない」「無駄なことをした」という感情もあります。

ですが、その気持ちを活かして「次回からは買い物に失敗しないようにしよう!」という目安ができます。

 

モノが入ってくる事に対して敏感になればしめたもの。

死ぬ前に後悔しないためにも、大切な自分の時間をやりたい事に使いましょう。

 

スポンサーリンク

 


3.まとめ

●服を使い切る方法

 

「服をそのまま使う方法」

  • 違う用途で使う
  • 譲る

 

「作り変えて使う方法」

  • 色が気に入らないなら染める
  • 子供の服、エプロン、マット、巾着袋、バッグなど
  • 使い捨ての雑巾として使い切って捨てる

f:id:namaco_mendow:20210627085612j:plain

●使い切る方法の注意点

作ることが楽しくてやりたい事なら問題ありませんが、時間は有限です。
あなたの大切な時間は、あなたが本当にしたい事に使いましょう。


以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

==============================

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続ける子持ちズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

 

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2021年6月27日

スポンサーリンク