ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

【服を減らせない人へ】服が多いのに着る服がない?を解消する方法

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20191228212346j:plain

服が多いのに着る服がない…服の片付けをしたいがなかなか処分できない…などという方へ。

 

私もかつては大量の服を持っていましたが、今は約25着で暮らしています。
服が少ないと困るのでは?と不安がありましたが、大丈夫でした。

 

この記事では、私の経験を元に、服が多くて減らせない人に向けて、服を片付けるコツと、少ない服で暮らすメリットについて書きます。

 


1.服を減らすのではなく選んでみる

f:id:namaco_mendow:20191009110326j:plain

【服を選ぶ手順】

服を全て出す

自分がいま着たい服だけを選ぶ

選んだ服だけをクローゼットに収納する

数週間すごしてみて、問題があれば再度、服を選びなおす

最初に戻り、繰り返す

 

・服を全て出す

まずは、服を全て出します。
その中から、自分が「いま」着たいと思うアイテムを選びます。

 

選ぶ量は、あなたの収納スペースの7割におさまる程度の量にしましょう。
組み合わせも考えて、好きな服を選んでいきましょう(^-^)

 

選んだ服だけをクローゼットに収納します。
これですっきりしたクローゼットになりました(^^♪


▽選ばれなかった服は?

選ばなかった残った服は、別の場所に保管します。
この際、あきらかに着ない服は処分しましょう。


▽手放す服は?

・着古したもの
 → 毛玉がついたものや穴があいたのはありませんか?

・いつ着たか思い出せないもの
 → 思い出せないほど前のものは今後も着ないと思います。


▽着ていないけど…捨てられないものは?

 → 保留箱へ入れて、数か月様子をみる。それでも着ないものは手放すことをおすすめします。

 → メルカリやラクマなどのフリマアプリで売る。


・数週間すごしてみて、問題があれば再度、服を選びなおす。

選んだ服だけで暮らしみましょう。

数週間すごしてみると、気づくことがあると思います。

 

「お気に入りだけど着ていて窮屈な服はあまり着ないな…。」とか
「休日の服はもっと減らせそう。」とか
「会社に着ていく服が、少ない。」とか

 

自分にはどんな服が必要なのかがわかります。

その気づきをもとに、再度服を選びなおして、自分に合うワードローブを作っていきましょう♪

 

スポンサーリンク

 


2.少ない服で暮らすメリット

f:id:namaco_mendow:20190818003922j:plain

では、少ない服で暮らすことのメリットとデメリットを書きます。

 

・服が少ないことのメリット

  • 服選びに悩まない。
  • 同じ服を着ることで服が傷みやすくなる → 新しい服にアップデートできる
  • 服の管理がしやすくなる

私は、服を選ぶ時に、「どの服を着ようか」と悩む時間が大幅に減りました
私の場合は、気温に応じて、下着で調整しています。

 

暖かい日は、下着と、靴下のみ。
寒い日は、温かい肌着と、タイツ。

帽子やマフラー、手袋などがあれば、アレンジもできます。

 

また、服の数が少ないので、毛玉のケアなどもできるようになりました。

たくさん服を持っていたときは、服がほころびていたり、毛玉ができていたりするのに気づかず、気付いてもそのまま放置していることが多かったです。

ズボラな私には大量の服の管理はできませんでした(^_^;)


・服が少ないことのデメリット

  • 服のコーディネートが限られるので、いつも同じ服だと思われる
  • 洗濯が間に合わないと着る服がなくなる


私も「いつも同じ服。」と思われるのが嫌だと思っていた時期がありました。
今は、3パターンほどで着まわしています。

会社勤めの人でも、5パターンほどあればよいのではないでしょうか?

 

そんなに他の人は服を覚えていないものです。

自分も、以前会った時の相手の服装を憶えてないですし、あまり他人のことはそこまで気にしていないと思います。

 

ただ、洗濯が間に合わない場合は、着る服がなくなってしまいますね…。
洗濯回数を考えて、服の枚数を決める必要があります。

 

最初の項目の「服を選ぶ方法」を試せば、大体どれくらいあれば服が足りるかわかると思います。

 

スポンサーリンク

 


3.まとめ

f:id:namaco_mendow:20190731004027j:plain



●服を減らすのではなく選んでみる

 

【服を選ぶ手順】

服を全て出す

自分がいま着たい服だけを選ぶ

選んだ服だけをクローゼットに収納する

数週間すごしてみて、問題があれば再度、服を選びなおす。

最初に戻り、繰り返す。


●服が少ないことのメリットとデメリット

 

【メリット】

  • 服選びに悩まない。
  • 服が傷みやすいので、新しい服にアップデートできる。
  • 服の管理がしやすくなる


【デメリット】

  • いつも同じ服だと思われる。 → 他人はあまり人の服を憶えていない。
  • 洗濯が間に合わないと着る服がなくなる。 → 「服を選ぶ方法」を試せば、大体どれくらいあれば服が足りるかわかります。

 

 

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

 

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続けるズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2019年12月30日

スポンサーリンク