ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

【年末の片付け】思い出の品を捨てる。シーツはウエスに、思い出もデジタルに。保留箱の見直し。

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:namaco_mendow:20201211121943j:plain


思い出の品が捨てられない人へ。

思い出のモノは捨てにくい物の代表ですよね。

 

年末の片付けを進めていると、思い出のモノに目が留まりました。
日々増える思い出品を見直そうと思います。

 

この記事では、思い出の品を捨てるコツについてお伝えします。

 


1.まずは片付けやすいところから

ちょっと床に物を置くと、すぐに吹き溜まりになってしまう良い例がこちら。

f:id:namaco_mendow:20201211121957j:plain
もはや何があるかわかりません。

1つずつ発掘していきます(-_-;)


・おなじみアマゾンの段ボール

メルカリの梱包用に使えますが、段ボールは足りているので捨てます。


・古シーツ

そのまま捨てても良かったのですが…
ハサミで切り、掃除用のウエスとして活用します。

f:id:namaco_mendow:20201211121927j:plain

糸くずがでるので裂いた方がいいのですが…
面倒なので切りました。

 

100円ショップで買った、ウェットティッシュケースに入れて
トイレやキッチンなどで活用。

f:id:namaco_mendow:20201211121916j:plain

トイレではビニール手袋をはめた手で掃除し、くるりと裏返し縛ってポイします。
毎日掃除するのですぐに使い切れるはず。


・お菓子の箱

f:id:namaco_mendow:20201211121906j:plain

この箱かわいいですよね…。
このあいだのクローゼット整理で余った物です。

 

箱も私にとって捨てにくいモノ。
どこかで活用できると思ってしまいます。

 

ですが、
このタイプの箱は、フタを開ける際に両手が必要。
上に物を積むと、取り出すのも手間。

…。

この箱の欠点ばかりを挙げ…なんとか捨てられました。
さようなら。


・決断を保留していた物

勢いがついてきたので、保留箱の物を見直しました。
その中から捨てられそうな物をピックアップ。


しばらく無しで過ごして問題がなかった物たちです。
捨てる前になぜ捨てることになったのかを考えます。

f:id:namaco_mendow:20201211121855j:plain

・タンブラー
ポイントでもらったが、食洗機で洗えないため。

→ 食器は食洗機で洗えることが前提。


・お菓子の箱

頂き物のお菓子が入っていた。

→ 使いにくい箱なのでなくて良い。


・トング

鍋を買ったときにオマケで付いてきた。

→ つかむ部分が金属製。テフロン加工のフライパンに傷がつくので。


・ヘアクリップ(タンブラーの隣の白黒の物体)

→ ヘアゴム代わりに買ったが、髪に跡がつくのと持ち運びが面倒だったので。

 

・お米の軽量カップ

→ 電気圧力鍋の付属品。1つ持っているので。

 

改めて…やはりもらった物が多いとわかります(;^ω^)

「もらった物は不要になることが多い。」ことがわかりました。

 

スポンサーリンク

 


2.思い出の物を捨てる

こちらもクローゼットの奥に入っていた思い出の物。
もう少しきちんとした入れものに入れたい。

f:id:namaco_mendow:20201211122048j:plain

さきほどの箱には大きくて収まらないんですよね…。

増えてきたので見直します。

・運動会や学芸会のしおり

ビデオの編集時に役立つ情報があるので置いてましたが…
今後、子供の運動会のビデオ編集するかな…?

やりたいから置いてあったのだろうけど…。

f:id:namaco_mendow:20201211122036j:plain

これは、なくなると買えないので保管します。
できたらすぐにビデオ編集した方がいいなあ…うーん。(気が重い(;^ω^))


・子供の絵やお手紙など

かわいい絵やお手紙など、私が癒されるモノを基準に残します。
実物がなくてもいいものは写真に撮ります。


・子供の作品

立体物は子供に選ばせて、子供の思い出ボックスで保管。
私は飾りたくなるモノだけ持っています。

namaco-mendow.hatenablog.com 


・運動や成長の記録

記録として残したい物は置いています。

成長したら子供に渡す予定です。


・作文

こちらも成長の記録として残すのもいいですが、
面白くない作文(失礼)は処分しました。

 

スポンサーリンク

 


3.思い出の物を捨てるコツ

f:id:namaco_mendow:20201211122025j:plain

▲左が残すもの。右がビデオ編集後に捨てるもの。

思い出の物を捨てるコツを書いてみます。

  • まずは捨てやすい物を捨てて勢いをつける。
  • 「捨てたい」と思っている物は、遅かれ早かれ捨てることになる。
  • 思い出の物の役割を考える。


・まずは捨てやすい物を捨てて勢いをつける。

今回、思い出の物は割とすんなり捨てられました。

 

最初は「どうしよう。後回しにしようか…。」と思いましたが(;^ω^)
他の捨てやすい物を捨ててからなので、勢いづいていたのかもしれません。

 

・「捨てたい」と思っている物は、遅かれ早かれ捨てることになる。

「これだけは捨てられない!」という大切な物なら、もちろん手放さなくても大丈夫。

でも、捨てたいのに捨てられないという物。
「捨てたい」と思っている物は、遅かれ早かれいつか捨てることになります。


今は、デジタルで保管することができるので、思い出の物を捨てやすくなっていると思います。
また見たくなったら見られると思えば、実物を手放すのもそこまで辛くないのでは?


・思い出の物の役割を考える。

私にとって思い出の物の役割は
「今の自分を楽しくしてくれたり、癒したりしてくれるもの」です。

 

思い出して幸せになり、これからも元気に楽しく過ごしていけるようなモノ。
そういう物だけを残しています。

 

実物を残すのはごく少数にして、ほぼデジタル保管にしています。
たまに、子供と一緒に見返すのも面白いですよ。

 

私の場合は、デジタルで残しても当時の思い出が蘇るので、全く問題はありませんでした。

 

何を基準に思い出の物を残すのか?は人それぞれ。

モノが減っても、大切な思い出は頭の中に残っていると思います。 

 

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

===============================

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続ける子持ちズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

 

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com 


[公開日]2020年12月11日

スポンサーリンク