ミニマリスト目指す~子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

服を減らすメリットとデメリット:ごちゃごちゃなクローゼットをスッキリ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

f:id:namaco_mendow:20200118095350j:plain

「服を減らすメリットは何?」「服を減らして困ったことはある?」といった疑問をもっている人へ。


服を150着から20着ほどに減らした私の経験を元に、服を減らすメリットとデメリットについてお話しします。

 

結論として、服を少なくするのはとてもおすすめですが、人によっては楽しみが半減するかもしれません。

では、詳しく書いていきますね。

 


1.服を減らすメリット

f:id:namaco_mendow:20190710114958j:plain

私は、服を減らしたことでメリットの方が多かったです。


・服を減らすメリット

  • お気に入りの服を毎日着られる。
  • 服を選ぶ時間が短縮される。
  • クローゼットの空間を圧迫しない
  • 服が少ないとホコリが減る
  • 服が傷むスピードが速いので潔く処分できる。


「お気に入りの服を毎日着られる。」

自分のワードローブにお気に入りしかないのは、気分がいいものです。
気に入った服しかないので、どれを着ても毎日嬉しい気持ちになりますし、
着こなせる服しかないので必然的に毎日おしゃれに過ごせます。


「服を選ぶ時間が短縮される。」

服を減らすと、選ぶ服が限られるので、ほとんど時間がかかりません。

かつては、大量に服があり、コーディネートをメモしていましたが、
今は、覚えられる程度しか服を持っていないので、コーディネートを書く必要もなくなりました。


「クローゼットの空間を圧迫しない。」

服が少ないので、収納場所をとりません。
クローゼットに、カバンや帽子、ハンカチティッシュ、ベッドリネンなども収まるようになりました。

 

「服が少ないとホコリが減る。」

服の繊維がほこりの元になります。
服が少ないと、クローゼットの中のホコリも減りますし、掃除もしやすくなりますよ。


「服が傷むスピードが速いので潔く処分できる。」

苦しい思いをしてまだ着られる服を捨ててきました。
ですが、服が少ないと、傷むスピードも速いので、迷うことなく手放すことができます。
なので、いつまでも古い服を着ることがなく、新鮮な気持ちをもてます。

 

 


服を選ぶ楽しみがある人は、そこまで服を減らさなくてもいいと思いますが、
私の場合は、考えずにどれを組み合わせても合うワードローブを目指しています。

 

20代や30代の頃は、新しいファッションに挑戦したり、いろんな服を着るのがいいと思いますが、
40代を過ぎると、似合う服も限られてきます。

 

私服の制服化は楽ですよ。適当に選んでもそれなりにまとまるのでおススメです。

 

スポンサーリンク

 


2.服を減らすデメリット

f:id:namaco_mendow:20190716100838j:plain

では次に、服を減らして困った点をお話しします。


・服を減らすデメリット

  • 買う物を選ぶのに時間がかかる
  • 同じ服ばかりだと飽きる
  • 人に同じ服ばかり着ていると思われる


「買う物を選ぶのに時間がかかる」

服を捨てる辛さを味わっているため、なかなか新しい服を買いにくくなります。
もし着なかったら捨てることになってしまうので、慎重に選びます。

 

今までは、「かわいい!」とほぼ感情で買っていた服選びでしたが、
服を買う前に、必要なアイテムや色・デザインを考えて、購入するようになりました。

 

なので、とても時間がかかります。

 

数を少なくする分、選ぶのに時間がかかるのは仕方ないとは思いますが、もう少し効率よく服を買いたいと思っています。


「同じ服ばかりだと飽きる」

私服を制服化しているので、同じ服をローテーションしています。
新しい服をほぼ買わないので、やっぱり飽きてきます。

 

これは、まあ仕方ないかなとは思いますが、良いなと思った服がみつかったら買い足しではなく、買い替えをしたりしています。


「人に同じ服ばかり着ていると思われる」

これは、会社でお仕事されている人とかなら気にされるかもしれません。
ですが、週5日勤務だとしたら、コーディネートは3パターン~5パターンで十分だと思います。

 

他人の服ってそれほど覚えてないと思いませんか?

 

日本は四季があるので、大体3カ月で着る服が変わります。
5パターンの場合、そのコーディネートをするのは、12回だけです。

 

服の素材にもよりますが、季節を考えると着る回数が少ないものも多いです。
実際に何回着られるか?を考えると、服の選び方が変わってくるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 


3.まとめ

f:id:namaco_mendow:20190818003922j:plain



・服を減らすメリット

「お気に入りの服を毎日着られる。」
→ 着こなせる服しかないので必然的に毎日おしゃれに過ごせます。


「服を選ぶ時間が短縮される。」
→ 選ぶ服が限られるので、ほとんど時間がかかりません。

 

「クローゼットの空間を圧迫しない。」
→ 服が少ないので、収納場所をとらず、部屋が広く使えます。

 

「服が少ないとホコリが減る。」
→ 服が少ないと、クローゼットの中のホコリも減りますし、掃除もしやすくなりますよ。


「服が傷むスピードが速いので潔く処分できる。」
→ 服が少ないと、傷むスピードも速いので、迷わず服を手放せます。

 

・服を減らすデメリット

「買う物を選ぶのに時間がかかる」
→ 条件に合い、気に入った物を探すのにとても時間がかかります。

条件に合うものを通販で買い、試着して似合わなければ返品するという方法を試してみようと思います。

 

「同じ服ばかりだと飽きる
→ 買い足しではなく買い替えで乗り切る。

 

「人に同じ服ばかり着ていると思われる」
→ 他人の服を覚えている人は少ないと思います。

 

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

 

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続けるズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

 

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2020年1月19日

スポンサーリンク