ミニマリスト-子持ちズボラ主婦なま子のブログ

収納苦手・家事嫌い・少ない物で楽に暮らしたい40代アラフィフ

片付けられない家族の部屋(3)何もない場所を作る。注意点とうまくいくポイント。具体的な手順。

ブログランキング・にほんブログ村へ

片付けない家族がいて困っている…
家族の部屋もスッキリさせたい…

と思っている人へ。

 

片付けない家族が部屋を散らかして、イライラしていませんか?

今回は家族の部屋です。

個室とはいえ、あまりにも散らかっていると掃除が雑になるし、健康にも悪影響です。

 

今回は、散らかった家族の部屋を片付けるシリーズです。
少しだけですが、不用なモノを捨てることができました。

家族の部屋を片付ける際の注意点と、伝え方のコツもお伝えします。

 

1.家族の部屋を片付ける際の注意点


詳しくは過去記事をご覧いただけると良いのですが、
床にモノが置かれている状態は続いています…。

 

namaco-mendow.hatenablog.com

 

namaco-mendow.hatenablog.com

 

私が一人で片付けていたのですが、そうすることで困ったことがおきました。

・どこに収納したのかわからない

→ 毎回モノの場所を聞かれてストレスに(;^ω^)
まあ、これは私が勝手に収納場所を決めたから悪いのですが…

 

・収納方法が合っていない

→ 実際にモノを使う人が戻しやすい収納でないため、面倒がって元に戻してくれません。
これも私が悪いです…( ̄▽ ̄;)


モノの仕分けだけでなく、収納場所も一緒に考えた方が良い。
なので、部屋の持ち主が在宅の時に、一緒に片付ける事にしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2.具体的な手順と心構え

●片付けをはじめる前に

既にご存じだとは思いますが、
家族に片付けをしてほしいなら「片付けてね!」という言い方はダメです。

絶対片付けてくれません。

 

「片付け」という言葉を出さずに、伝えるのが良いです。

私の伝え方はこんな感じ↓

「掃除をしたいから物を移動させてもいいかな?」

あくまでも目的は「掃除」であって、片付けではない…
といった風を装います(笑)


●うまく進める2つのポイント

そうして部屋に侵入(笑)できたら、
床置きになっている物や、テーブルの上の物をどけてもいいか?尋ねます。

 

床にモノがあると掃除できませんからね。


ポイントは2点。

 

1)ゴミに見える物でもどうするか聞く

 

明らかなゴミ(レシートやお菓子の包装紙など)であっても、「捨ててもいい?」と、必ず聞いてから捨てます。

 

ダイレクトメールなど、要らなそうな物も必要かどうか聞きます。

相手が「読むから置いておいて」と言ったら

「読むっていってもホコリかぶってるよ?」
「そんなん言って何でもとって置くから部屋が散らかるんだ」
など余計な事はいわずに我慢

 

「じゃ、すぐ手に取りやすいここに置いておいて良い?」
などといって置き場所を決めます。

 

2)相手が大切にしたい物を知る

そういった具合に会話を進めていくと、
相手が大事にしているモノはどんなものか?がボンヤリとわかってきます。

 

自分なら捨てそうな物でも、相手にとっては大事な物。
その逆ももちろんありますよね。

 

相手の意見を尊重することで、片付けに対する警戒心を解けるはずです。

 

●何もない場所をつくる

私自身は個室がないため、1角を私のスペースとして空けさせてもらいました。

f:id:namaco_mendow:20211001122014j:plain

▲壁の汚れが目立ちますね


パソコンや手芸をするスペースにする予定です(^O^)


ただ、すぐ隣はこんな状態…

f:id:namaco_mendow:20211001122031j:plain

床置きの物もまだまだあります。

今後は、何もないスペースに影響をうけて、片付けてくれる事を期待しています。

 

【処分できた物】

溜まっていたクレジットカードの領収書を処分することができました。

紙モノは破棄するのが面倒な割に、減ってもあまり達成感がありません。

 

少し床は広くなりましたが、劇的な変化ななし( ;∀;)

…少しずつ進めていきます。

 

スポンサーリンク

 

 


3.まとめ

●家族の部屋を片付ける際の注意点

・勝手に物を捨てない

→ 大前提ですが…必ず本人に聞いてから捨てましょう。
ゴミだと思うような物でも本人にとっては違うかもしれません。

どんな物でも確認してから対応する事で、相手は部屋を荒らされていると受け取られなくて済みます。


・収納方法は相手に合わせる

→ 自分が収納しやすい方法でも、相手にとっては違います。
相手の性格に合わせた収納方法にすると、面倒がらずに物を元に戻してくれるかもしれません。


★必ず、部屋の持ち主が在宅の時に、一緒に片付けをする


●具体的な手順と心構え

・片付けを始める前に

「片付け」という言葉を出さない。


(例)私の伝え方
「掃除をしたいから物を移動させてもいいかな?」

 

・うまく進める2つのポイント

1)ゴミに見える物でもどうするか聞く
→ どんな物でも勝手に捨てない。

2)相手が大切にしたい物を知る
→ 相手を尊重することで、片付けに対する警戒心は解ける。


・何もない場所をつくる

何もない場所が近くにあると影響されて片付けを促す効果がある…かも…?
片付ける気持ちがおきれば良いなと思っています。

 


以上です。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

 

このサイトでは…
ミニマリストを目指すためにモノを減らし続けるズボラ主婦が、日々の暮らしで実行したことや考えたことを書いています。


何か少しでもお役に立つ内容があれば嬉しいです。

いろんな記事を書いていますので、よろしければ他の記事も読んでくださいね。

 

[関連記事]

namaco-mendow.hatenablog.com

 


[公開日]2021年10月1日

スポンサーリンク